ベリサイン「ベリサイン マネージドPKI for SSL」で7月15日にSANsのサポートを開始

1枚のSSL証明書で複数のコモンネームをサポート

大手SSL証明ベンダーの日本ベリサインは、同社のエンタープライズ向けに複数のサーバーIDを発行するサービス「ベリサイン マネージドPKI for SSL」で、「Subject Alternative Names(SANs)」のサポートを7月15日に開始する、と発表した。SANsは、1枚のSSLサーバー証明書で、複数のコモンネーム(FQDN名)をサポートするサービス。サーバーIDの申請・取得時に認証局へ提出する署名リクエストの生成時に、SSLサーバー証明書のサブジェクトフィールドで指定したコモンネームとは別に、SANsフィールドに異なるコモンネームを設定することが可能になる。クライアントのブラウザからは、どちらのコモンネームにもアクセスできる。これにより、CSR生成、申請、インストール作業が1回で済むため、顧客の負担が軽減される。また、1枚のSSLサーバー証明書しかインストールできない仕様のサーバーでも、複数のコモンネームでのアクセスが可能になる。対象となるシステムは、ベリサイン マネージドPKI for SSLで取り扱うベリサインのサーバーSSL証明書各種。7月15日に申請・設定を開始する。

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]