1万ファイル自動でチェックするWebサイトマルウェア感染検査サービスをVCCが開始

Webサイトをスキャンして悪質なコンテンツが埋め込まれていないかをチェックするサービス
よろしければこちらもご覧ください

バーチャルコミュニケーションズ株式会社は、Webサイトをスキャンして悪質なコンテンツがサイト内のページに埋め込まれていないかをチェックするサービス「Webサイトマルウェア感染検査サービス」を2月25日に開始した。

シマンテック コーポレーションのホステッド・サービス事業グループであるメッセージラボ ジャパン株式会社との協業によりるもの。

Webサイトのスキャンでは、トップページのURLを伝えると、自動的にサイトのリンクを調べてHTML、CSS、Flash、JavaScript、画像を自動的にリストアップし、取得したファイルをメッセージラボの「Web セキュリティサービス」の検知ツールを通してチェックする(あらかじめURLのリストを作っておいてチェック対象とすることも可能)。

料金は1ドメイン名1万ページ以内で1スキャン60万円(税別)。3月5日までに申し込むと1スキャン20万円となるキャンペーンも実施する。

同社は、メッセージラボの検査サービスを採用した理由として、1日平均数十億件のトラフィックの評価を行い自己学習機能によって進化することで、未知のソースからの脅威も含め、新たな脅威も阻止できる特徴があることを挙げている。

ガンブラー対策  Webサイトマルウェア感染検査サービス
http://www.vccorp.net/jp/service/web_service/malware

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]