GMO-HSがガンブラー対策、「アイル」「ラピッドサイト」全サイトで緊急無償調査を実施

2月28日まで「WebAlert」申し込みで初期費用と月額料金1ヶ月分をキャッシュバックも

ホスティング事業のGMOホスティング & セキュリティ(GMO-HS)は、ホスティングブランド「アイル」「ラピッドサイト」を利用中の全てのウェブサイト約3万5000件に対し、「WebAlert(ウェブアラート)」を用いたマルウェア感染の有無を診断・検知する緊急無償調査を1月12日に実施した、と同日発表した。

同社では昨年12月24日にも6000件を対象に同様の調査を実施したが、年末年始に掛けて新種のマルウェア「ガンブラー」をはじめとするマルウェア感染の被害が急増したため、「アイル」「ラピッドサイト」の全サイトに対象を拡大した上で改めて実施した。また、利用者のマルウェア対策支援のため、2月28日までに新規で「WebAlert」の専用プランを申込むと、初期費用と月額料金1ヶ月分をキャッシュバックする。

GMOホスティング&セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

アイル
http://isle.jp/

ラピッドサイト
http://rapidsite.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]