アイ・ブロードとナレッジワークス検索連動Flashコンテンツ生成ソリューションを共同開発

モバイルECショップ向けソリューション「ViViっとFL」

携帯端末向け配信サーバ・ソフトウエア開発・販売のアイ・ブロードキャストと、検索エンジンインテグレーションのナレッジワークスは、モバイルECショップ向けに、検索と連携してFlashコンテンツを自動生成するソリューション「ViViっとFL Flash Navigation for Mobile(ViViっとFL)」を共同開発した、と11月10日に発表した。ViViっとFLは、アイ・ブロードキャストの運営する携帯端末向けFlash自動生成・配信サーバー「snaprecFL」と、ナレッジワークス提供の検索プラットフォームサービス「SCOPE」「ViViっとサーチ」を連携させたもの。ASP型とサーバーライセンスの2通りがあり、ASP型の場合、初期導入費用5万円、月額4万6800円から提供予定。

アイ・ブロードキャスト
http://www.ibro.co.jp/

ナレッジワークス
http://www.knowledge-works.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]