「探しあう検索」のNAVERがモバイル向け検索サービスのベータ版を公開

「ながら利用」や「細切れ時間」などモバイルユーザーの利用シーンを意識

ネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」を運営するネイバージャパンは、モバイル検索サービス「NAVERモバイル」のベータ版公開を8月10日開始した、と同日発表した。PC版のNAVERサービスの基本機能をベースに、テレビや雑誌を見ながら利用する「ながら利用」や「細切れ時間」などモバイルユーザーの利用シーンを意識し、PC版のコンセプト「探しあう検索」をモバイル用に発展させた。

NAVERの特徴であるユーザー参加型情報集約・共有サービス「NAVERまとめ」に関し、モバイル利用シーンに合わせて特定キーワードの画像を集約・共有できる「まとめ画像集」、同じキーワードに興味をもったユーザー同士が意見交換できる「まとめフリートーク」を先行して提供。まとめ画像集には、携帯電話のカメラで撮影した写真をその場でメールでアップロードする機能もある。

モバイルでの利用ニーズが高い「人物」「ゲーム」「テレビ番組」「映画」などの分野の情報は、独自構築のデータベースを組み込んだ「テーマ検索」機能によって詳細で専門性の高い検索結果が得られるという。対応機種は、NTTドコモのFOMA、KDDIのau・WIN、ソフトバンクモバイルの3G。ユーザーからの意見や要望を基に機能追加を行う。iPhoneをはじめとしたスマートフォン対応も予定している。

NAVERは、検索シェア世界第5位で、韓国内で訪問者数1日1700万人・10億ページビューを記録した検索ポータルサイトNAVER.comの日本版。今年7月1日にオープンしベータサービスを公開。従来の検索サービスのキーワードによるシステム型アプローチに、キーワード型検索では解決できないユーザー参加型を加えて融合させ、総合的で多様な検索を提供している。

NAVER
http://www.naver.jp/

NAVERモバイル
http://m.naver.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]