ヴィビットインタラクティヴがCMSのバージョンアップ版「vibit CMS 4」を販売開始

承認依頼メール送信機能、画像ファイル自動リサイズ機能などを新搭載
[AD]

CMS開発・販売のヴィビットインタラクティヴは、ブラウザ画面を見たままページ更新できるCMS「vibit CMS(ヴィビット・シーエムエス)」のバージョンアップ版「vibit CMS 4」を6月23日に販売開始した、と同日発表した。新版は、承認依頼メール送信機能、画像ファイル自動リサイズ機能、差分HTMLダウンロード機能などユーザーから要望があった機能を新搭載し、従来の機能を改善した。

新機能の承認依頼メール送信は、ページ公開の承認ワークフローに利用可能。画像ファイル自動リサイズは、デジカメで撮影した写真を自動的にリサイズしてページに掲載できる。更新された差分HTMLファイル一式を圧縮ファイルでダウンロードできるのが、差分HTMLダウンロード機能。これらのほか、自動バックアップ機能、アイコン画像登録・選択機能、RSSフィード自動配信機能を新たに搭載。ページの公開状態を示すページ公開ステータスを刷新した。

vibit CMSは、実際のブラウザ画面を見たままに容易にページ更新できることが特徴。HTML知識がなくてもブラウザ操作でページが更新できるほか、新規ページの追加、削除やページ毎のテンプレート設定も可能。現在約50社のWebサイトやモバイルサイトが導入しているという。スモールサイト向けのvibit CMS 4ライトで初期費用15万7500円から、年間利用費18万9000円から。

ヴィビットインタラクティヴ
http://www.vibit.net/

vibit CMS
http://www.vibitcms.com/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]