ルグランが検索連動型広告でのブランドキーワードの効果と獲得コスト分析結果を発表

広告効果測定ツールに蓄積された30万キーワードを分析、コスト差は10倍
よろしければこちらもご覧ください

オンラインマーケティング・コンサルティングのルグランは、同社の広告効果測定ツール「SEMマーメイド」に蓄積された約30万キーワードの分析結果を5月27日に発表した。具体的な商品名や社名・屋号などの「ブランドキーワード」と一般的なキーワードの「ノンブランドキーワード」で検索連動型広告での獲得コスト(CPA)を検証した結果、ブランドキーワードの獲得コストは「ノンブランドキーワード」の10分の1以下であることが判明したという。たとえば「母の日」というノンブランドキーワードが1顧客獲得あたり4000円の場合、「ABCデパート」のようなブランドキーワードはその10分の1の同400円で獲得できる。費用対効果を上げるためには、両方へバランス良く出稿したり、ブランドキーワードの創出が重要という。

ルグラン
http://www.LeGrand.jp

SEMマーメイド
http://www.LeGrand.jp/mermaid/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]