ワダックスが専用型レンタルサーバーでRAID6を導入したハイエンドプラン提供開始

セコムトラストシステムズの不正侵入検知防御、大規模DoS攻撃防御も標準提供

レンタルサーバー事業のワダックスは、1社で1台のサーバーを利用する専用型レンタルサーバー「@NextStyle専用サーバー」で新プランの「スーパーハイエンドRAIDプラン」を5月21日提供開始した、と同日発表した。スペックとセキュリティレベルを高めた。スペックはCPU Xeon L5410 x2 (Quad Core CPU2個)、HDD 876GB RAID6(146GBのSAS8台搭載)、OSはRedhat Enterprise Linux 5/4。2台のハードディスクが同時に故障してもデータ復旧可能なRAID6を導入したことが特徴。OSのセキュリティアップデートは無償で実施でき、OSレベルでのセキュリティを実現。情報セキュリティサービスのセコムトラストシステムズの不正侵入検知防御、大規模DoS攻撃防御も標準提供する。初期費用73万5000円(先着10台は36万7500円)、1年契約の月換算で月額6万7830円。

ワダックス
http://www.wadaxinc.co.jp/

@NextStyle専用サーバー
http://www.wadax.ne.jp/senyou/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]