サムライズがシンメトリック開発の携帯コンテンツ変換ソフトの最新版を提供開始

出力はiモードXHTML・softbank用のXHTMLにも対応、SEO対策機能も搭載
よろしければこちらもご覧ください

ソフト販売事業のサムライズは、携帯コンテンツ変換ソリューションのシンメトリックが開発した携帯コンテンツ変換ソフト「Durian(ドリアン) 4.2」の販売を開始した、と5月12日に発表した。Durianは1つのコンテンツを作成するだけで、各キャリアで表示可能なコンテンツに変換するJavaベースのサーバーサイドアプリケーション。バージョン4.2で新たに携帯でのSEO対策機能、端末情報にGPS機能の有無情報などが追加された。出力ソースコードも新たにiモードXHTML1.0に対応、「iモードXHTML」と「softbank用のXHTML」が追加された。価格は1サーバー/1CPUのスタンダードタイプで52万5000円から。

サムライズ
http://www.samuraiz.co.jp/

シンメトリック
http://www.symmetric.co.jp/

Durian4
http://www.samuraiz.co.jp/product/durian/index.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]