日本クロストラストがSSLサーバー証明書申請時の登記事項証明書の無償取得代行を開始

更新申請の受付・発行も30日前から60日前に変更、申請者の便宜図る
よろしければこちらもご覧ください

SSLサーバ証明書発行サービスの日本クロストラストは、SSLサーバ証明書申請の際に必要な「登記事項証明書」の無償取得代行サービスを開始する、と3月12日に発表した。同時に、これまで有効期限の30日前に開始していた証明書の更新申請受付・発行を60日前からに繰り上げた。

登記事項証明書はSSLサーバ証明書発行時の審査に必要となる書類で、組織の法的実在を証明する手段として最も確実とされる。申請者の負担で取得して送付されるケースがほとんどだが、書類が必要と判断される場合、同社が負担して書類の取得を行い、申請者の負担と手間を削減し、迅速に証明書取得が可能になるという。また、証明書の更新申請受付・発行を30日前から60日前に変更したことで、ユーザーの運用負荷も軽減されるという。証明書の有効期間満了日は、更新前の有効期間満了日に合わせて発行される。

日本クロストラスト
http://CrossTrust.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]