日本IBMがWebサイトのセキュリティーとコンプライアンスを検査・管理するソフトを販売

Webアプリケーションのぜい弱性などを検査、各種レポートで可視化して一元管理
よろしければこちらもご覧ください

日本IBMは、企業が保有する数多くのWebサイトを構成する複数のWebアプリケーションのぜい弱性について検査を実行・管理するソフト「IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5」と、Webサイトに関するコンプライアンス管理を行う製品群「IBM Rational Policy Tester V5.5」の日本語版を3月11日発表した。両製品はIBMならびにIBMビジネスパートナー経由で販売される。

IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5は、Webサイトを構成する複数のアプリケーションを同時に検査し、その結果と検査の実施状態を各種レポートやグラフィカルなダッシュボードによって可視化する。これにより、個々のWebアプリケーション開発者に任されていたWebサイトのセキュリティの確保を一元的に管理でき、リスク回避に役立つという。価格は最小構成で3632万20000円。

IBM Rational Policy Tester V5.5はアクセシビリティ、個人情報漏洩などのプライバシー・リスクに関して検査を行い、企業のWebサイトが各種の業界標準やコンプライアンスに違反していないかを各種レポートやダッシュボードで管理する。また、リンク切れや期限切れ情報などWebの品質問題にも対応し、Webによる機会損失や顧客満足度への影響を抑制できるという。価格はアクセシビリティ検証用で1万ページの場合225万2700円から。

日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]