グローバルサイン、「Adobe AIR」向けのコードサイニング証明書の提供開始―国内認証局で初

よろしければこちらもご覧ください

グローバルサインは9月19日、「Adobe AIR (Adobe Integrated Runtime)」プラットフォーム向けコードサイニング証明書の提供を開始したと発表した。日本国内の認証局としては初めての提供となる。

アドビシステムズ社が開発、配布している「Adobe AIR」は、インターネットを介したアプリケーション・プログラムの配布が想定されているため、実行環境にコードサイニング署名検証の仕組みが標準的に備わっている。コードサイニング署名が施されていないアプリケーションは、インストールができない仕組みになっているだけでなく、アプリケーションの改ざんが検出された場合にもインストールを行うことができない。同社ではこれまで日本国内市場では販売されていなかったAdobe AIRに対応したコードサイニング証明書を国内で初めて提供する。

料金は、1年5万9850円、2年11万3400円、3年16万3800円。

グローバルサイン
http://globalsign.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]