Yahoo! JAPANがウェブマスターツール相当の「サイトエクスプローラー」を日本語でβ提供開始

よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、長らく英語版でしか提供されていなかった「サイトエクスプローラー」を、日本語版でも提供開始した。ベータ版としての提供だ。

サイトエクスプローラーは、ヤフーが提供する検索エンジンYSTのインデックス内で、自サイトがどのようにインデックスされているかを確認したり、被リンクを確認したり、サイトマップを送信したりできるツールで、グーグルのウェブマスターツールに相当するものだ。

サイトエクスプローラーを使えば、任意のサイトのインデックス状況や被リンク元ページを確認したりできる。

インデックス状況の表示
被リンク元ページの表示

また、自分の管理するサイトを「管理サイト」として登録し、ヤフーによる認証が完了すると、動的URLで特定のパラメータを除外したりパラメータの値を固定値として扱ったりする設定をしたり、特定のページをYahoo!検索の検索結果に表示されないように指定したりできるようになる。

動的URL設定

管理サイトの認証は、サイトエクスプローラーの管理画面で指定されたファイルを、自分のサーバーのドキュメントルートに置くか、指定された内容のmetaタグをサイトのページに含むようにすると完了する。

また、[フィード]の画面からXMLサイトマップを登録すると、グーグルウェブマスターツールと同様に、YSTでもXMLサイトマップを通じてコンテンツをクロールされるようになる。フィードとしては、通常のRSSフィードやAtomフィードを送信することもできる。

フィード(XMLサイトマップ)送信設定

Yahoo!サイトエクスプローラー
https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス