NTTレゾナント、意味理解情報による日本語解析を行う携帯電話向けコンテンツ連動型広告

よろしければこちらもご覧ください

NTTレゾナントは6月21日、携帯電話向けの新たなコンテンツ連動型広告配信サービスを開発し、一部試行提供を開始した。7月2日より全面的に配信を開始する。

同サービスは、文章全体の意味理解情報を抽出し、人間の感性により近い解析を行った上で、あらかじめ決められた分野に分類するといった日本語解析を行うことで、ページ内容に即した広告の配信を実現。サービスの販売は、エキサイトとNTTレゾナントの合弁会社のクロスリスティングが販売中の携帯電話向け検索連動型広告「ANEMONE Listing(アネモネリスティング)」の新たな商品ラインアップとして、同社を通じて行われる予定だ。
なお、提供開始時は、「gooブログ」、
「エキサイトブログ」に広告配信を行う予定。今後もCGMサイトを中心に、提携サイトを拡大していく。

NTTレゾナント
http://www.nttr.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]