「Windows Live@edu」でWindows Live各種サービスを学校独自ドメインで無償で利用可能に

よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは4月2日、学校独自のドメインでWindows Live各種サービスが 無償で利用できる「Windows Live@edu」を大学・専門学校等向けに提供開始すると発表した。

同サービスは、Windows Liveメッセンジャー やWindows Liveスペースなどのサービスを学校、在学生、卒業生、教職員などが利用できる。関連情報のタイムリーな提供・入手やコミュニケーションの向上が可能になるとともに、学校側は、Windows Live Hotmailを活用することにより、メールシステム管理の負荷が軽減される。

同サービスは、ユーザーはインターネットの環境があれば学内外問わず、学校のアカウントの利用が可能。また、学校側にとってもメールサーバーやメッセンジャーサービスをマイクロソフトにホスティングすることができるため、システム保守などの管理負荷を削減できる。

また、1アカウントあたり2GBメールサービスを提供。さらに、スパムメールやアンチウイルスの対策を実施しているため、信頼性の高い、セキュアな環境を提供すること可能だ。
卒業生に対しても新規メールシステムの導入や既存のシス テムの拡張をすることなくサービスを提供することができ、継続的に関係を築くことが可能。また、メール以外でもWindows Liveの各種サービスが 同アカウン
トを使用して無償で利用できるため、学生間や学生と教職員のコミュニケーション向上に役立つ。

サービスは無償で利用可能。ただし、「Microsoft Identity Integration Server」導入に伴い、ライセンス、システム構築、保守などの費用が必要となる。

Windows Live@edu
http://get.live.com/edu/home

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]