NTTPC、レンタルサーバー「WebARENA Suite2」で「迷惑メールフィルタサービス」を提供

よろしければこちらもご覧ください

NTTPCコミュニケーションズは10月24日、レンタルサーバー「WebARENA Suite2」において、判定エンジンにシマンテック社の「Symantec Brightmail AntiSpam」を採用した「迷惑メールフィルタサービス」を11月7日から無償で提供すると発表した。

同社によると、高精度の迷惑メールフィルタの提供のため、複数ベンダーの迷惑メール判定エンジンに対して、数千通のメールを送信・検証。日本語の迷惑メール判定率の低いエンジンが多い中で「Symantec Brightmail AntiSpam」は日本語の迷惑メール判定率も高く、また通常のメールを迷惑メールとする誤判定率が非常に低いという結果を得たことから、同製品の採用に至ったとのことだ。

NTTPCコミュニケーションズ
http://www.nttpc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]