ミックスネットワーク、WEB標準などに対応したCMS製品の最新版「SITE PUBLIS 2.0」リリース

[AD]

ミックスネットワークは、同社CMS製品の最新版「SITE PUBLIS 2.0」の販売を開始した。2003年5月のリリースから、約3年半ぶりのメジャーバージョンアップとなる。

SITE PUBLISは、デザイン構築からコンテンツの作成のみならずウェブサイト運営のライフサイクル全体を管理対象とした製品で、ブロック形式による自由なページレイアウト構成・デザイン編集、JIS X 8341-3に準拠したHTMLファイルの自動生成、ユーザー独自のプログラムをコンテンツに導入できるプラグイン機能などを備える。

SITE PUBLIS 2.0では、新機能として、WEB標準に準拠したHTMLファイルの自動生成、中国語・韓国語などのマルチバイト言語ページへの対応するほか、STE PUBLIS内で管理しているデザイン・ブロックを外部システムから参照できるAPIの提供を行う(APIの提供は12月を予定)。

価格はオープンプライス、ライセンスは基本構成ライセンス/キャッシュ対応ライセンス/スタティック対応ライセンスの3形態を用意している。

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]