テンアートニ、HAクラスターシステムの最新版「LifeKeeper for Linux v6」を10月より販売

よろしければこちらもご覧ください

テンアートニは9月11日、同社の主力商品であるHA(High Availability)クラスターシステムLifeKeeperの機能を大幅に拡張した「LifeKeeper for Linux v6」を10月2日より販売すると発表した。

「LifeKeeper for Linux v6」では、さまざまな仮想化環境での運用が可能になり、ブレードサーバーのAuto Boot機能、リソースアロケーション機能を使ったシステム構成にも使えるようになった。

また、ハードウェア障害時の再インストールにライセンスを取り直す必要がなくなり、サーバー運用の利便性が向上し、復旧作業も迅速に行なえるようになった。

同社では、これを機会に、システムインテグレーターやディストリビューター向けの新たな支援パートナープログラムを立ち上げる。

テンアートニ
http://www.10art-ni.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]