アイ・エム・ジェイが米国オムニチュアのアクセス解析ツール「SiteCatalyst」の販売を開始

アイ・エム・ジェイ(以下IMJ)は米国Omniture, Inc.とアクセス解析ツール「SiteCatalyst」に関する販売代理店契約を締結し、7月24日から販売を開始する。

SiteCatalystは、ページにスクリプトを埋め込んで利用するウェブビーコン型のリアルタイムアクセス解析ツール。米国ではAOL、 General Motors、Expedia、Microsoftなどが導入するなど、全米大企業フォーチュン200(全米大企業上位200社)のウェブサイトにおいて最も利用されているASP型のウェブ解析ソリューションだ(Omniture発表)。解析機能はカスタマイズが可能で、必要な項目を自由に選択でき、ウェブブラウザーでアクセスできるインターフェースを備えていることから、簡単な操作で多角的な操作が可能だ。

今回の締結によりIMJでは、中規模~大規模サイトを中心に、日本語に完全対応したSiteCatalystの提供を行い、ウェブサイトの集客、構築、測定などを一貫して行うことで、顧客のウェブマーケティングにおけるROI最大化を支援していくとしている。

IMJ
http://www.imjp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]