ネット担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

A/Bテスト6連発! コンバージョン率の高いランディングページはどっちだ!?

A/Bテストの結果をカンニングシートとしてバラします! 第2回
よろしければこちらもご覧ください

この記事は、姉妹サイトネットショップ担当者フォーラムで公開された記事をWeb担当者Forumに転載したものです。

コンバージョン率を上げなきゃ意味がない!

A/Bテストの結果をカンニングシートとしてばらします!

前回はクリック率の高い広告原稿のA/Bテストの結果を暴露したが、今回のテーマは、コンバージョン率の高いランディングページのA/Bテストの結果の暴露だ!

たとえ多くの人が広告原稿をクリックしてサイトに訪れたとしても、コンバージョンさせなければまったく意味がない。

コンバージョン率が低いということは、せっかく入店させたのに、何も購入させずに帰らせるようなものだ。

一般的に消費者がネット広告をクリックしてサイトに訪れても、8秒以内で離脱するユーザー、わずか8秒間で立ち去っているユーザーが約90%いると言われている。

つまり、100人訪れても90人は一瞬にして去ってしまうということである。

まず結論から言うと、コンバージョン率を上げるためにまず考えなくてはいけないのが「つかみ」である。

広告原稿をクリックした消費者は、8秒以内にそのサイトを読むか読まないかを判断する。

そのため、コンバージョン率を上げるためには、瞬間的に「このサイトはお客様の求めていたサイトですよ」ということがわかるようにして、消費者を逃がさないことが重要だ。

そこで一番重要になるのが、お客様がネット広告をクリックして、最初にPCやスマホ画面で見る部分、つまりサイトの「ファーストビュー」の部分なのである!

ネットユーザーを理解し、お客様をつかまえるファーストビューを前提に戦略的なサイトをプランニングすると、劇的にコンバージョン率は上がる。消費者の心理状況をよく理解すると、3%のコンバージョン率を2倍の6%にすること、4倍の12%にすることはそんなに難しくはない。今までとは比べ物にならないほどのコンバージョン率を稼ぐことができるのだ。それが、今から公開する、A/Bテストの結果に思いっきり表れている!!!

今回も、実際に行ったランディングページのファーストビューデザインに関するA/Bテストを出題していく。あなたも「どちらの効果が高かったのか(AもしくはB?)」を予測してみよう。

では、はじめよう!

A/Bテスト① ネット広告から誘導する際、コンバージョン率の高い「サイト」はどっち?

【A】ネット広告から本サイト(ECサイト)に誘導
イメージはこちらをクリック!
【B】ネット広告から広告専用ランディングページに誘導
イメージはこちらをクリック!

このクイズの回答と解説、残り5問のA/Bテストクイズは、ネット担当者フォーラムのサイトでご覧下さい→A/Bテスト6連発! コンバージョン率の高いランディングページはどっちだ!?

ネットショップ担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラムについて

ネットショップ担当者フォーラムでは、ECサイトを運営する企業の経営者や運営担当者、制作者が語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題が解決できる”を目指したメディア運営をしています。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]