広告効果測定の現場から
広告効果測定の現場から

サイト側に手を入れなくても実施できるA/Bテストを活用

ページ

よろしければこちらもご覧ください

サイト側に手を入れなくても実施できるA/Bテストを活用

コンバージョン率の大幅な向上には、ウェブアンテナのA/Bテスト機能も貢献しているという。

ウェブアンテナには、複数のランディングページ(LP)を用意しておいてA/Bテストをする機能があり、これを使うと、サイト側には手を加えずにA/Bテストを実施できるので非常に便利です。広告のリンク先URLをウェブアンテナのものにするだけで振り分けてくれますし、もちろん効果も測ることができます。基本は3パターンのLPを用意して、最適化を続けています」(井狩氏)

一般的なA/Bテストのツールを利用するには、サイトにテスト用のスクリプトを埋め込まなければいけない。しかし、ウェブアンテナのA/Bテスト機能を使うと、ウェブアンテナ側でA/Bテストの設定をするだけでよいため、サイトを修正する工数が不要になる。忙しい担当者にはありがたいことだ。

さらにサービスの利用継続率も分析するように

最近では、単に広告からコンバージョンしたかどうかだけでなく、その後、継続してサービスを利用し続けてもらえているかも調べるようになっているのだという。

JRA-VANのサービス認知や誘導を目的として、毎年行っているイベントが競馬予想自慢コンテスト「JRA-VANの鉄人」だ。対象は一般ユーザーで、サイト内で「予想に役立つツール」としてJRA-VANのサービスを紹介している。その効果測定もウェブアンテナで行っている。

一般の競馬ファンが多く参加するイベント「JRA-VANの鉄人」
http://jvman.jp/

JRA-VANの鉄人の他にも、JRAとのタイアップで年に数回イベントを行います。そのときに誘導したユーザーと実際にサービスの登録をしたユーザーをひも付けて、利用継続率などを見ています

この作業は、Excelを使ってゴリゴリやるものなので、けっこう大変です。今のところは大きなイベントがあるときだけですが、おもしろいデータが取れることはわかっているので、楽にできる方法があればよいなと思っています。これは、ウェブアンテナを使っていくうえで今後の課題ですね」(大野氏)

もはや効果測定ツールなしの広告運用は考えられない

同社のウェブアンテナ利用にかかる費用は、オプション利用も含めて年間約250~300万円程度。このコストについてはどう考えているのかを聞いたところ、以前の状態に戻ることは考えられないのだという。

昔はそういうものだと思っていましたが、もう戻れません。効果測定をしなければ、広告効果の低い媒体も含めて出稿することになってしまい効率が悪くなりますから、成果を維持するためには広告費を増やさなければいけなくなります。そうなると、その負担がサービス利用料つまりお客さまにかかってしまったり、サービスの開発費が削減されたりといったことになってしまいます。かといってその状態で広告費を、増やさなければお客さまが減り、結果は同じことになります。

年間300万円という金額は決して安くはないですが、そこから得られている価値はそれ以上のものがあります。再びウェブアンテナなしの広告運用に戻ることは考えられません」(大野氏)

今後はスマートフォン対応に注力

現状では、JRA-VANのメディア別ユーザー比率は、だいたいPC=20%、ケータイ=80%、スマートフォン=1%ほどだということだ。ケータイは、iモード公式サイトを提供しており、競馬カテゴリーでは上位に表示されるため認知度も高い状態だというのだが、今後の展開としては、スマートフォンへの対応やサービス拡充に注力していくという。

スマートフォン版のYahoo!スポーツ競馬カテゴリー内で、アプリが紹介されている。

スマートフォン向けサービスとしては、iPhone版とAndroid版のアプリを提供しており、Yahoo!スポーツのスマートフォン版ページでは、おすすめアプリとして紹介してもらっています」(大野)

ケータイに関しては、公式サイトで上位に表示されるので、特別な広告施策は行っていません。ただ、アフィリエイトだけは、ネットとリアル(販売店などでのおすすめなど)両方で続けています。広告ではありませんが、他に集客として行っているのはモバイルSEOですね。

ケータイは、将来的にはスマートフォンへの移行で縮小していくと考えていますから、今後新たな広告展開を行う予定はありません」(井狩氏)

スマートフォンは、今のところまだはユーザーのボリュームは大きくありませんが、今後はケータイの受け皿として重要になってくるはずです。ケータイの公式サイトとは違って各社勝負になると思いますので、広告をきちんと活用して、その効果もしっかりと見ていく必要があると考えています」(大野氏)

広告効果測定ツール「WebAntenna(ウェブアンテナ)」
  • サービス名: WebAntenna(ウェブアンテナ)

  • 提供企業名: 株式会社ビービット

  • サービス提供形式: SaaS/ASP型

  • 価格: 月額費用3万円~50万円程度
    ※広告クリック回数とPV数に応じた従量課金
    ※ソーシャルメディアからの流入を分析する「全ての流入計測」やSEOのための「自然検索の計測」などの機能はオプションで月額5万円(他のオプション利用により割り引きあり)

  • 導入実績: 大手企業を中心に300社以上あり(ウェブアンテナ本体)
    ※ウェブアンテナサイトの「導入の実績」ページを参照

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス