楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

「とんがり」にするポイントを見極めて商品ページを作る

『楽天市場公式 ネットショップの教科書』

この記事は、書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容を、Web担当者Forum用に抜粋してオンライン版として公開するものです。本書は楽天市場に出店するネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした、唯一の公式解説書です。

『楽天市場公式 ネットショップの教科書』

  • ISBN9784844324607
  • 1,600円(税込 1,680 円)
  • 楽天大学 編 /三木谷 浩史 監修

楽天ブックス
この本を楽天ブックスで注文する

インプレスダイレクト
この本をインプレスダイレクトで注文する

接客力の高い売り場を作る
――買いたくなる商品ページの秘訣9

「一番商品」をピックアップしたら、次の作業は「一番商品」の特性、すなわち「とんがり」を明確にすることです。

あるお店のチーズケーキを例に取ってみましょう。これは、ある料理研究家が作る最高級の品質のケーキで、直径19センチ、1万2,000円という商品です。

まず、そのチーズケーキの「商品特性」を3つほど挙げます。商品特性を選ぶ方法は、前章のトップページのところでお店の強みを考えたときと基本的に一緒です。商品特性としては、「価格」「品質」「専門性」「品揃え」「機能性」「希少性」のようなものから「ギフトラッピング」といった付加的なものまで、さまざまな要素があります。その中からピックアップした一番商品を買おうとするお客様が重要視する特性を選びます。

チーズケーキであれば、デパートやコンビニ、ほかの実店舗でも販売されています。ネット上のお店も競合相手です。これらの競合商品と比較して、どこに大きな特徴があり、どこに優位性があるのかを比較検討、評価するわけです。

具体的には、下のような図にするとわかりやすいでしょう。

商品特性を書き出してみる
「1万2,000円のチーズケーキ」の商品特性。価格と品質が「高」、利用頻度が「低」に位置します

まず浮かび上がったのが、「品質」です。市場にあるチーズケーキに比べるとおいしさには定評があるので、「高」の位置にマークします。

次に挙げたのが「価格」です。「価格」は1万2,000円と、通常のチーズケーキに比べて高価です。そこで、「価格」は「高い」と評価します。「高価格」という一見デメリットを感じさせる商品特性であっても、アピールの方法によってはウリに転化させることもできます。この場合は、高価格→高級品というアピールができます。

今回のケースでは、3番目の特性として「利用頻度」を挙げてみます。これも比較対象としてコンビニのチーズケーキと比べると明らかです。コンビニのチーズケーキは安価なので毎日でも購入できますが、このお店のケーキは値段が高価なだけに、頻繁に食べることはできません。そのため「利用頻度」は「低い」と評価します。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]