【iOS14】Facebook広告で対応しなくてはいけない2つのこと【Feedmatic】

直近のiOSアップデートにおいて、広告配信にも大きな影響が出る事が予測されております。具体的には、「広告配信ができない」「広告管理画面上からCV計測ができない」など、ビジネスの売上や広告配信成果の評価に関わる所まで大きな影響があることが想定されます。Facebook広告において”対応しなくてはならないこと”をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

直近のiOSアップデートにおいて、広告配信にも大きな影響が出る事が予測されております。

Facebook広告では、コンバージョン計測やリターゲティングオーディエンスの縮小など広告配信の成果、アトリビューション期間の縮小や配信の内訳の確認など評価の部分で影響が想定されます。

本アップデートにより個人を特定できる情報に対する制限が大きくなるため、
登録している個人情報を基に広告配信しているFacebook広告は対策が必須となります。

本記事では、Facebook広告に与える影響やその対策についてまとめました。

[Feedmatic ブログ] 【iOS14】Facebook広告で対応しなくてはいけない2つのこと
https://feedmatic.net/blog/ios14-facebook-ads/

主なトピック

  • iOS14.5のアップデートで起きていること
  • Facebook広告配信に与える影響
  • Facebook広告における対策事項
  • 対策事項の設定方法

[Feedmatic ブログ] 【iOS14】Facebook広告で対応しなくてはいけない2つのこと
https://feedmatic.net/blog/ios14-facebook-ads/

Feedmatic ブログとは

Feedmatic(フィードマティック)は、データフィード領域において豊富な実績と専門知識をもつフィードフォースが提供する広告代理運用サービスです。

Feedmaticでは、ブログを通して「データフィード」「ダイナミック広告」「タグ」に関する情報はもちろんのこと、様々な広告媒体情報や広告改善に役立つヒントを幅広く発信しています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]