SEO内部施策の基本&外部委託を上手く進めるポイント

SEOの本質は「良いコンテンツを作ること」ですが、ベースとなるwebサイトがSEOを踏まえて構築〜運営されていることが前提となります。つまりSEOでのweb集客を進めるには、しっかりとしたSEO内部施策を施されたwebサイトであることが重要になってきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この記事の対象者

見込み客の獲得から商談化にかけて検討しているご担当者さま

  • SEO内部施策の基本をざっくり把握したい。
  • SEO内部施策を外部委託するときの注意点を確認したい。
  • SEO内部施策の外部委託先を選ぶポイントを知りたい。

目次 [表示する]

 

SEO内部施策が必要な理由

SEO内部施策の目的は、検索エンジンのクローラーと呼ばれるプログラムがスムーズに自社のwebサイトをインデックス出来るようにしておくことです。

自社サイトがクローラーに正しくインデックスされないと、せっかく良いコンテンツや役立つ情報を発信しても検索結果に表示されなくなってしまうからです。そのためには、自社のwebサイトをクローラーがインデックスしやすい状態に整理してておくことが必要になります。

検索結果に反映されなければ、ほとんどのネットユーザーに気づいてもらえませんので、集客にもマーケティング活動にも繋がりません。検索エンジンからのSEO集客を検討しているのであれば、企業のwebマーケティング活動には必須の取り組みと言えます。

続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]