アポ獲得率・返信率向上「刺さる営業メールの勝ちパターン」

このウェビナーでは、アポ獲得率・返信率向上に繋がる「顧客の心に刺さるメール」のポイントと、コロナ禍での効果的な営業アプローチ手法について解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ウェビナー開催概要

アポ獲得率・返信率向上「刺さる営業メールの勝ちパターン」

2021年4月8日(木) 11:00-11:30

コロナ禍でもっとも注目されるようになったチャネルは、メールであることをご存知でしょうか。

パンデミックの影響により、訪問営業や飛び込み営業などの対面コミュニケーションが取れなくなったことは、企業にとって大きな痛手でした。これに対し、非対面型の営業アプローチに注目し、営業ワークフロー自体の見直しを行った企業も増えています。

しかし、非対面的なコミュニケーションでは、相手の反応が把握しづらいことから、以下のような疑問が次々と浮かんできます。
「メールは開封し、読んでもらえただろうか」
「こちらの提案にズレはなかっただろうか」
「製品・サービスにどの程度、興味を持っているのか」

顧客の反応が対面に比べ、薄い印象があるからこそ、こういった不安が過ります。
実際、非対面営業では、アプローチ時での顧客の反応が見えづらいため、当たり障りのない内容で行われることが多く、結果「刺さらない」営業となってしまいがちです。

これを解消するには、興味情報の収集とアプローチ内容の改善が必要があり、その鍵となるのが、「メール」です。

両者が一方的にメッセージを送信するメールですが、そこに込めた情報への反応から顧客の感触を探り、アプローチに活かす。また、ウェブサイトでの閲覧ページ情報を利用して顧客の興味レベルや対象を探るなど、オンラインだからこそ隠せない、正直な反応がそこには潜んでいます。

このウェビナーでは、アポ獲得率・返信率向上に繋がる「顧客の心に刺さるメール」のポイントと、コロナ禍での効果的な営業アプローチ手法について解説します。

お申込みはこちら

https://www.zoho.com/jp/crm/webinars/efficient-sales-email-method.html

※同業他社の方はお申し込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

本セミナーをおすすめする方

  • 営業メールの業務負担を軽減したい
  • 営業メールの進捗確認をよりクリアに可視化したい
  • 営業ワークフローの構築を見直して、営業力を強化したい
  • マーケティング部門との連携強化を図りたい

講師プロフィール

ゾーホージャパン株式会社 Zoho 事業部 営業部 道坂 雄大

セールス担当としてZoho CRM をはじめとした各種Zoho サービスをベンチャー、中堅、中小企業へ提案。お客さまが抱える課題に寄り添い、 ベストな提案を実施することで、多くの企業のクラウド化を支援。クラウドサービスやCRMについてわかりやすい解説を提供します。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]