WordPressではすぐにPHP 8にアップグレードをしなくても大丈夫

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressではすぐにPHP 8にアップグレードをしなくても大丈夫」を公開しました。

###

2020年の11月にPHP 8がリリースされましたね。そして12月にはPHP 8に対応したWordPress 5.6がリリースされました。

PHP 8の大きな目玉のひとつは、パフォーマンス改善になるというJIT(Just In Time)です。

実は、処理速度がかなり向上された前バージョンのPHP 7でも、当初はJITが実装される予定でした。ところが当時採用された方法ではそれほど速度が改善されなかったことや、実装が複雑になってしまったこと、また、JIT以外の方法でパフォーマンスが大きく改善したために、JITの導入は見送りされました。

そして今回のPHP 8で満を持してJITが導入されました。JITを導入することによって、ウェブ以外の分野ある、CPUを多用するような処理をPHPで書くことが現実的になりました。また、C言語の代わりにPHPで組み込み関数を開発することが可能になりました。従来のPHPでこれをやろうとすると、パフォーマンスが大きなハードルになっていました。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4242

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]