グーテンベルク vs クラシックエディタ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「グーテンベルク vs クラシックエディタ」を公開しました。

###

WordPressの記事を作成するために使う「エディター」には、新旧2つの種類があります。新しい方は「グーテンベルク」、古い方は「クラシックエディタ」と呼ばれています。

かつては「クラシックエディタ」しか存在しなかったのでこのような呼び方すらありませんでしたが、2018年の大型アップデートで「グーテンベルク」という斬新なエディタが登場しました。

当初は新しいエディタであるこの「グーテンベルク」のみになる予定でしたが、あまりに斬新すぎたために利用者から不評の声が多く、従来の「クラシックエディタ」に戻すことができる公式プラグイン(Classic Editor)が登場しました。

みなさんはどちらのエディタを利用されていますか?

私は個人的にはグーテンベルクをおすすめしますが、比較するための情報をいくつかお伝えしたいと思います。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4152

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]