廣川類氏によるコラム「PHPの最新状況:PHP 8.0リリース候補版リリース(第13回)」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「廣川類氏によるコラム「PHPの最新状況:PHP 8.0リリース候補版リリース(第13回)」」を公開しました。

###

2020年も夏が終わり、涼しげな秋がやってきています。PHPの次期メジャーリリースである8.0のリリースに向けた開発はいよいよ終盤に差し掛かっています。PHP 8.0に採用される機能を決定するフィーチャーフリーズが計画通り8月4日に行われました。β版も計画に基づき8月6日に最初の版(β1)がリリースされ、以降2週間毎にβ版がリリースされています。計画では、ベータ版のリリースは3回の予定でしたが、JIT機能などに更なる改良を要することが判明したため、9月17日にβ4がリリースされています。そして、いよいよ、正式版リリース前の最終段階となるリリース候補版として、10月1日に最初のリリース候補版(RC1)が計画通りリリースされました。この後、2週間毎にリリース候補版が合計4回リリースされる予定です。最終的な8.0のリリース日は11月26日のままですが、今後の開発の進捗によっては予定が変更される可能性があります。

この連載では、これまで数回に渡りPHP 8の新機能について紹介してきました。今回は、前回の記事からフィーチャーフリーズまでの約2か月間で変更・追加となった機能について紹介します。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4025

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]