【10月8日無料ウェビナー開催】ステージゲート方式に則したWEBプロダクト特化型MVP検証とUXデザインの考え方

UXデザインに特化したリクルートグループのWeb制作会社である株式会社ニジボックスより小芦氏をお招きし、同社のグループ企業、他クライアント様で推進しているステージゲート方式の事業開発実績を基に、ステージゲート方式のメリットと、それに則したMVP(Minimum Viable Product)を開発手法を紹介いただきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ステージゲート方式に則したWEBプロダクト特化型MVP検証とUXデザインの考え方

VUCA時代、コロナ禍の現代において、新規事業・サービス開発を行うことが必須となっている昨今では、新規事業開発の推進が重要な1つの成功要因となりえます。そして、中~大規模企業において新規事業開発を推進する方法の1つがステージゲート方式です。 本セミナーでは、UXデザインに特化したリクルートグループのWeb制作会社である株式会社ニジボックスより小芦氏をお招きし、同社のグループ企業、他クライアント様で推進しているステージゲート方式の事業開発実績を基に、ステージゲート方式のメリットと、それに則したMVP(Minimum Viable Product)を開発手法を紹介いただきます。

セミナー内容

ステージゲート方式に則したWEBプロダクト特化型MVP検証とUXデザインの考え方

  1. ステージゲート方式とは
  2. ステージゲート方式のメリットと解決できる課題
  3. ステージゲート方式に則したMVP開発とUXデザインの考え方
  4. MVP開発の成功の秘訣
  5. 質疑応答

こんな方におすすめ!

  • 新規事業開発を活性化させたい方
  • 新規事業開発をミッションに取り組んでいるが成果が出ない方
  • WEBプロダクトで事業開発を行いたい方

セミナー概要

  • 日時:2020年10月8日(木)11:00~12:00(10:50からアクセス可能)
  • 定員:Zoomで配信するオンラインセミナーのため何名でもご参加いただけます。
  • 費用:無料
  • 主催:株式会社メンバーズ メンバーズエッジカンパニー

登壇者紹介

小芦東希雄

小芦 東希雄 氏
株式会社ニジボックス セールス/プロデューサー

リクルートのインキュベーション部⾨Media Technology Lab.(次世代現事業開発室)から生まれた、株式会社ニジボックスに参画。複数の大手代理店、リクルートグループを対象に、WEB制作、UXデザイン領域の商品企画、販促、セールスに従事。その後は、主に新規事業開発の伴走を中心にプロデュース業務を行う。その過程で、新規事業開発支援に特化したソリューション等の開発も行う。現在は社内ソリューションのパッケージ化、営業プロセスの改善、新規顧客課題に向けた商材の開発に注力しながら、新規事業開発を推進するお客様の課題解決に向けたプロデュース業務を行っている。

お申込みフォーム

こちらからご応募ください。
https://content.members.co.jp/?column=agile20201008

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]