Web広告(ウェブ広告)、インターネット広告、デジタル広告とは?種類と特徴と仕組み~運用型広告~

代表的なインターネット広告をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

1分で読むWeb広告知識

Web広告(ウェブ広告)、インターネット広告、デジタル広告・・・と、さまざまな呼び方がありますが、デジタルマーケティングで利用される広告の種類は多く、企業のデジタルマーケティングを担当する方は、それぞれ得意とされている領域と特徴と仕組みを知っておく必要があります。

そこで今回は、代表的なインターネット広告である「純広告」「アドネットワーク/DSP」「リターゲティング」「ネイティブアド」「タイアップ広告/記事広告」「検索連動型広告(リスティング)」「アフィリエイト広告」の特徴と仕組みについてご説明します。

 

1. 純広告

あらかじめ掲載期間や露出量が規定されている広告枠に出稿を行う、最も古くからある形式。まず露出を確保したいような認知施策での利用が多いが、ターゲットが明確で、クリック単価が安いメニューもあるためコンバージョン獲得で活躍するケースも。

本記事はメンバーズのコラムに掲載されています。続きはこちらから>>

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]