検索エンジンから顧客を呼び込む! コンテンツマーケティング~SEO記事のつくりかた

狙ったキーワードで見込み顧客を呼び込む、SEO記事制作の考え方を解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ディレクターバンク(略してディレバン)の烏田です。アメリカのタレント、キム・カーダシアン・ウェストさんが、自身のプロデュースした補正下着ブランドを「KIMONO」と名付けて2019年6月に発表したところ、国内外から「文化の盗用だ」など猛反発を受け、翌7月にはブランド名を変更することを表明しました。

Twitterなどで発信された様々な抗議コメントの中で印象的だったのが、“kimono”というキーワードで、この補正下着のサイト(kimono.com、現在はアクセス不可)が検索上位に来ること、そしてkimono=下着というイメージになってしまうことを懸念したものでした。

検索結果のトップが、いまやブランディングのためにも重要なメディアであること、その中でSEO対策がますます重要性を増していることを、改めて感じたのです。

ディレバンでも、多くの企業様より自社のコンテンツマーケティングにおけるSEO対策について、お問い合わせをいただきます。

そこで、今回は、ディレバンのオウンドメディア『Web担当者のための見積もり相場ガイド(以下、見積もり相場ガイド)』編集長・平尾美絵さんに、効果的なSEO記事の作成方法をぶっちゃけ質問!

ひやかしではない、確度の高い見込み顧客を、自社サイトに誘引するためは? 狙ったキーワードで顧客を呼び込むための記事づくりの考え方とは?

マーケティング視点でのコンテンツ設計で、『見積もり相場ガイド』をSEOに強いメディアに育て上げた平尾編集長に、貴重なノウハウを教えていただきました。

続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]