【簡単】代理店の広告運用状況チェックのために、必ず見るべきたった1つの重要指標

代理店が適切に広告運用してくれているか気になる事はありませんか?実は「予算起因のインプレッションシェア率」を確認すれば、初心者でも高精度のチェックが可能です。
よろしければこちらもご覧ください

広告代理店に運用を依頼しているけれど、きちんと運用してくれているのか気になる事はありませんか?

自分でチェックできるのがベストだけど、どこを見てどう判断すればいいのか分からない人も多いのではないかと思います。

ちょっとググればチェックポイントはいくつも出てきますが定性的なチェック項目が多く、そもそも初心者ではその良し悪しに関する判断は不可能です。

そんな方は必見!

結論から言うと、予算起因のインプレッションシェア損失率という定量指標が定常的に5%を超えていないかを確認することで、代理店が広告予算の無駄遣いをしていないかチェックできます。

言い換えると、CV数やCPA改善の可能性を発見することが出来ます。

もちろん、この指標で全ての問題をあぶりだすことができるわけではありません。

しかし、このチェックで問題アリと判断されるアカウントには、当方の経験上その他問題も芋づる式に見つかる可能性が非常に高いため、最重要チェック指標と考えています。

本記事では、なぜこの指標が自動入札であれ手動入札であれ重要であるのかという理由の解説から、具体的なチェック手順まで深堀り解説して参ります。

チェック作業自体は初心者でも5分で完了しますので、是非読み進めてみてください!

続きはこちら:インプレッションシェア損失率で広告運用の良し悪しを見極める方法

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]