画像認識・ゲーム開発からカフェ作りまで、今年のデブサミを紹介

画像認識・ゲーム開発からカフェ作りまで、今年のデブサミを紹介
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2019年2月14日から15日まで、ホテル雅叙園東京で開かれた今年のデブサミのテーマは「SHARE YOUR FUN!」。最新技術から組織運営、エンジニアのキャリア相談などまで、今年もさまざまな興味深い講演が多数発表されました。デブサミの講演はメディアにそれほど掲載されないのですが、講演資料の多くがイベント後に公開されますので、その中から興味深いものをピックアップして紹介します。まずは、AWSで提供しているディープラーニング技術による画像認識サービス”REKOGNITION”を提供しているAWSからの講演をふたつ。ゲーム開発に関連する発表も結構ありますが、ドラゴンクエストXを支える失敗という題にてスクエアエニックスの青山さんが行った講演、そして最後に、AWS運営で有名やクラスメソッド社がDEVELOPERS.IO CAFEを作った経緯を語ってくれた講演をご紹介します。

画像認識・ゲーム開発からカフェ作りまで、今年のデブサミを紹介

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]