「Web制作会社はWordPressをバージョンアップして欲しくない ~セキュリティの不思議な話~」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジーは「Web制作会社はWordPressをバージョンアップして欲しくない ~セキュリティの不思議な話~」を公開しました。

###
前回のコラムで、WordPressによって作られたWebサイトによく見られる課題として下記の2点を上げさせていただきました。

1.Webサイトや管理画面のパフォーマンスが劣化し、表示が遅い
2.サイバー攻撃の対象になりやすい        など

このうちの1つ目である表示速度の改善について前回のコラムで取り上げさせて頂き、考えうる改善策の中で、特にKUSANAGIがWebサイトの速度改善に有効、というお話をさせて頂きました。今回は2つ目の課題であるセキュリティ面での課題について取り上げていきたいと考えています。

■WordPressのECサイト向けプラグインと脆弱性
先日、このセキュリティニュースが発表されました。
「WordPress」の人気eコマースプラグイン「WooCommerce」に脆弱性 - 権限昇格のおそれ

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生

どちらもECサイトに関連するWordPressのプラグインで、非常に重要なアップデートになります。これだけでなく、WordPress自体のセキュリティアップデートも頻繁に行われていることも事実です。こうしたものは急いで適用したいですよね?ところがそれを許されないこともあるようです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2365

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]