ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」が 「w2Commerce」と「リピートPLUS」と連携! ~ソーシャルログイン機能が標準搭載。 店舗とオンラインショップを繋ぐ顧客体験まで効果的に実現~

フィードフォースの提供する、ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」が 「w2Commerce」と「リピートPLUS」と連携を開始!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年11月26日、ソーシャルログイン / ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」を提供する株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、w2ソリューション株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:山田 大樹、以下「w2ソリューション」)が提供する総合通販向けサービス「w2Commerce」と、リピート通販向けサービス「リピート PLUS」との連携を開始いたしました。

「ソーシャルPLUS」との連携で、「w2Commerce」と「リピートPLUS」にソーシャルログイン機能が標準搭載!

ソーシャルログイン機能を提供する「ソーシャルPLUS」と、総合通販向けサービス「w2Commerce」及びリピート通販向けサービス「リピート PLUS」が連携することにより、「w2Commerce」や「リピート PLUS」を利用するEC事業者は、LINEやFacebook、Yahoo! JAPAN等の様々なソーシャルメディアや外部サービスに対応したソーシャルログイン機能を簡単に自社オンラインショップに実装することができます。

会員登録時のエントリーフォーム入力や、ID・パスワード入力の手間が省けるため、コンバージョン率や離脱率の改善、新規会員の獲得率や再ログイン率の向上が見込めます。 

また、「ソーシャルPLUS」は企業のLINEアカウントと連動してID連携が可能なLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging APIを利用した会員向けのプッシュメッセージ配信機能等、企業のWebサイトとLINEアカウントを連携するための各種機能をスムーズに導入できるオプション機能を提供しています。 

これにより、「w2Commerce」や「リピート PLUS」を利用するECサイトでは、LINEログインが簡単に導入できるだけでなく、顧客の会員IDとLINEアカウントの自然な紐付けが可能となり、LINE上で会員の属性情報や行動履歴をもとにしたOne to Oneメッセージを配信することが可能となります。 

また、「ソーシャルPLUS」が提供するLINEに対応したメッセージ配信ツール「メッセージマネージャー」のカスタマーサポート機能を活用することで、特定のユーザーと1:1でトークをする双方向のコミュニケーションが可能になり、顧客からのお問合せ対応や予約受付などのカスタマーサポートをLINEを通じて行うことができます。

「w2Commerce オムニパック」では、LINEログインを起点に店舗とオンラインショップを繋ぐ最適なOne to Oneコミュニケーションを実現

店舗とオンラインショップのオムニチャネル化が進む昨今、オンラインとオフラインで一気通貫したマーケティン戦略が重要な課題となっております。 

一方、多くの企業にとって「店舗とオンラインショップの顧客情報の統合」における開発コストがネックとなり、なかなかオムニチャネル戦略が進まないというケースが多く見受けられました。 

「w2commerce」をベースにしたオムニチャネル戦略を実現するパックサービス「w2Commerce オムニパック」では、店舗とオンラインショップそれぞれの顧客情報の統合管理にかかる開発負荷を最小化しながら、LINEログインによるID連携を行うことで、オフライン/オンラインを問わず顧客とLINEユーザーの自然な紐付けが可能となります。 

これにより、店舗とオンラインショップ双方において顧客の利便性が向上するとともに、企業はLINEログインを起点に顧客のニーズに合わせたタイムリーかつ最適なコミュニケーションが可能となります。

<店舗・オンラインショップ利用顧客のメリット>

  • LINEログインを利用して、一度で手間なく店舗とオンラインショップ共通の会員登録とポイントカード発行ができる
  • 店舗で発行されるポイントカードはオフライン/オンラインを問わず利用でき、LINEアプリ上で表示させることも可能なためカードを携帯する手間なく気軽にポイントを貯めることができる

<「w2Commerce オムニパック」導入企業のメリット> 

  • 店舗利用顧客がLINEログインを利用してポイントカード発行を行うと同時に、オンラインショップの会員登録まで完了させることができる
  • LINEログインを起点に顧客とLINEユーザーの紐付けや、店舗のLINEアカウントへの友だち追加が自然に完了できる
  • LINEのメッセージ配信を通じて、店舗とオンラインそれぞれの顧客に対し双方向でのオムニチャネル戦略が実現できる
  • 店舗とオンラインショップそれぞれの購買履歴に応じたお得情報をLINEのメッセージで配信できる

今後も「ソーシャルPLUS」では、より多くのWebサイトと幅広いユーザーに向けて便利なソーシャルログイン機能を提供するとともに、WebサイトとLINEアカウントとの効果的な連携の支援を行うことで、企業が運営するWebサイトにおけるユーザー体験のさらなる向上や、新規会員登録率とコンバージョン率、売上の最大化に貢献してまいります。

「w2Commerce」について

総合通販向けサービス「w2Commerce」は、フロント画面管理・バックオフィス管理・CRMマーケティング、等、多種多様かつ豊富な機能をオールインワンで提供します。長年のeビジネスの成功ノウハウが詰まったASPパッケージモデルです。

「リピートPLUS」について

「リピートPLUS」はリピート通販サイト向けパッケージとして、成長のための好循環を徹底的に研究し実現したシステムです。 スタートアップ事業者様には初期、月額費用ともに9,800円からご利用できる「リピートPLUS ONE」プランを用意し、リピート通販事業をさらに成長させたい事業者様には「スタンダードプラン(月額59,800円~)」「プロフェッショナルプラン(月額79,800円~)」もお選びいただけます。 

「w2Commerce オムニパック」 について

w2ソリューションが提供する「w2Commerce オムニパック」は、オムニチャネル戦略に必要となるデータ管理基盤と、顧客サービスを充実させるツールです。数多くの大規模ECサイト構築、オムニチャネル基盤構築の実績やノウハウをいかし、従来のオムニチャネル戦略実現でかかるコストを70%削減し、導入期間も50%短縮できる今までにないパックサービスです。 
https://www.w2solution.co.jp/omnipack/ 

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやFacebook、Yahoo! JAPAN、楽天など、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。LINEを通じた顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
https://socialplus.jp/

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:深谷、金井
TEL:03-5846-7016  
FAX:03-3834-7666 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]