「職業人生のターニングポイントを作るための環境とは」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジーは顧問 吉政忠志氏のキャリアコラム「職業人生のターニングポイントを作るための環境とは」を公開しました。

そもそも職業人生のターニングポイントとはどのようなものでしょうか?
 
それは、職業人生が好転した人が後々振り返った時に「あの時のあの成果、またはあの会社に行った時ことで自分の職業人生が好転した」と思える転機だと考えます。
 
よって全ての人に訪れるものではありません。好転した人だけが得られる転機が「職業人生のターニングポイント」だと考えます。
 
そして職業人生のターニングポイントは偶然に訪れたり、突然舞い込んでは来ません。チャンスは突然訪れるように感じるかもしれませんが、実はその前兆があります。宝くじではありませんので、人生の転機になるようなチャンスが、実力や努力が足りないのに、偶然訪れるはずがないのです。
 
職業人生におけるチャンスは、仕事や環境という形で誰かから与えられるものなのです。職業人生の話なので全ては仕事や職場環境に起因するのです。 さて、そのチャンスですが、能力もない上に、努力もしなく、今後の成長も期待できない人に与えられますでしょうか? 仕事の依頼者は必ずその仕事が成功することを期待して依頼しますので、能力もなく、努力もしなく、今後の成長も期待しない人に依頼しますでしょうか?依頼しませんよね。世の中はそういうものです。
 
このように書くと、今チャンスを与えられていない人や、成長できていない人は、今後もチャンスを得られないように感じてしまうかもしれませんが、実はそんなことはありません。ここで重要なことをお話ししますが、実はチャンスを与えることができる組織とそうでない組織があるのです。例えば、新しいチャレンジをしない会社や、チャンレンジしても成功しなく、会社がいつまでたっても成長しない組織の場合は、社員に与えられるチャンスはもちろん少ないです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2138

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]