DockerでRuby on Rails環境を作ってみよう

よろしければこちらもご覧ください

Ruby開発に強いトランスネットが中越智哉氏のコラム「DockerでRails環境を作ってみよう」を公開しました。

今回も力作です。興味がある方はご覧ください。

###
何回か前のコラムで、「Bash on Ubuntu on WindowsでRailsを動かしてみよう」という記事を書きました。Bash on Ubuntu on Windowsを使うには、Windows Insider Programに登録してWindows Insiderビルドを入れなければいけないので、もちろん私もこれを適用していたわけですが、ある時のアップデートから、マシンが極端に不安定になってしまい、10分も使うとブルースクリーン(Insiderビルドの場合は緑の画面になるのでグリーンスクリーンでしょうか笑)で再起動する状態になってしまいました。

前回の記事でも、自分で「Windows Insiderビルド(言葉の響きはカッコいいですが、いわゆる開発者向けの早期提供版、ベータ版的なものです)をインストールしなければいけないため、正式版ではないことによる不具合がもし何かあったとしても、その対応がやや面倒になる可能性があります。安定性が求められるような環境にはWindows Insiderビルドはやや入れにくいかもしれません。」と書いていたわけですが、まさにミイラ取りがミイラといいますかなんといいますか・・・。そんなわけで、Windows Insiderビルドはいったん中止して、クリーンインストールで通常のビルドに戻しました(実はこの前にも一度再インストールをしていたため、Microsoft Officeのライセンス認証回数が上限になって、電話認証をさせられる羽目になりました・・・)。

そんなわけで、Railsを使うための別の環境を用意しなければなりません。もちろん、Indiderビルドでなくても、Bash on Ubuntu on Windowsを使うこともできるのですが、せっかくですから、他の方法を試してみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/12/26/docker_rails_colnk/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]