「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」

吉政忠志氏によるコラムの最新号が鈴与シンワートで公開されました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

吉政忠志氏によるコラムの最新号が鈴与シンワートで公開されました。

「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」

興味がある方はご覧ください。

###
少し前に、某インテグレーターの方と話をした時に「Webサイトが速くて何の意味があるんですか?」という言葉を頂きました。
この言葉を聞いて私はものすごく驚いたのですが、お客様にとってWebサイトは速いほうがいいに決まっていると思うのです。
Webサイトのパフォーマンスが悪いとお客様は開発会社にクレームしますが、速いと喜ぶものです。

少し古い情報ですが、米Amazon社が公表したデータでは表示速度が0.1秒遅れると、売り上げが1%減少するというデータも出ています。

そして少し前に話題になっていたのがGoogleの速度測定ツール「TEST MY SITE」です。このツールは非常に明確です。過去の統計情報から、「あなたのサイトが遅いので、●●%のお客様が離脱しています。」と具体的な損出をレポートしてくれます。

お客様のWeb担当者の方は、自社WebサイトのPV数などを向上させるために様々な努力をされています。そして、そのWebサイトのPV数を高速化することで離脱が減少し、PV数が●●%増えるのです。

Googleの速度測定ツール「TEST MY SITE」はスマホからのアクセスのみでの測定になりますが、スマホサイトが遅ければ大体PCサイトも遅いです。そして、速さが改善されれば、PCサイトもスマホサイトも回遊率が上がりPV数は確実に伸びます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column32/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]