「Rails 5.1のリリースとJavaScript連携」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Ruby開発に強いトランスネットが海外Rails動向コラムの最新号を公開しました。

「Rails 5.1のリリースとJavaScript連携」

###
こんにちはー。野田貴子です。

今月も海外のRails情報で面白そうなものを意訳してご紹介しますね。興味がある方はご覧ください。

###

4月に公開されたRails 5.1のリリース記事(*1)から1ヶ月が経ちましたね。このバージョンアップで一番注目を集めたことは何といっても、RailsがJavaScriptとの連携を強化した点ではないでしょうか。

Webシステムはデータベースなどを操作しながらサーバー上で動く「バックエンド」のプログラムと、利用者が使いやすいようにブラウザ上で細やかな処理をする「フロントエンド」の技術から成り立っていることは、開発者でなくとも多くの方が知るところだと思います。Ruby on Railsでは前者はRails本体、後者はRailsに内包されたJavaScriptが担当しています。今回はそのJavaScriptの管理機能を強化したことで、Rails界以外の「フロントエンド開発者」と呼ばれる人々の興味も惹き付けました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/06/27/rails-5-1_javascript_colnd/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]