安全なハッシュ関数とpassword_hash()

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「安全なハッシュ関数とpassword_hash()」を公開しました

今回よりここで連載をさせていただくことになった小山 (koyhoge)です。フリーランスでエンジニアをしておりまして、他にニフティクラウド mobile backend (NCMB) という mBaaS サービスのエバンジェリストもやっているので、それがきっかけでここに書かせてもらうことになりました。

さて第1回目は、PHP 5.5.0 から新たに導入された password_hash() 関数について深掘りしていきたいと思います。

ハッシュ関数とは

このテーマを取り上げるきっかけは、今年の1月31日に開催されたPHP勉強会@東京での、長谷川智希さんの発表です。

ハッシュと暗号は違うぞ! / Do not confuse hashes and ciphers.

ハッシュ関数は以下の特徴を持ちます。
•ある値に処理を行った際に、もとの値とは関係く見える別の値に変換される。
•変換後の値が同じなのに、そっくりだが実は異なるという変換前の値を得ることは不可能。
•変換後の値から変換前の値を推測することは極めて難しい。

これらの特性のため、ユーザが入力されたパスワードをDBなどに保存するためによく使用されます。ユーザから入力された文字列は、ハッシュ関数によって変換されてDBに格納され、しかも変換後の文字列から入力されたパスワードを推測するのは困難なので、仮にDBの内容が流出してもパスワードそのものは守られるという仕組みです。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1014

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]