Illustratorでレイアウト実践 〜わかりやすい図表現&目をひくレイアウト〜 大阪南港イメディオにて

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

【詳細・お申込みはこちら】
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=22027

開催日時:2016年12月6日(火)13:00〜18:00
料金:13,000円/名 (税込)

図で表現されたさまざまなグラフィックを作るのにAdobe Illustratorは、最適なツールです。

Webでも印刷物でも、広告、ちらし、フライヤー、社内広報誌、報告書、レポート、プレゼンテーションの資料・・・など、
ビジネス用途での情報発信の場には
『図表現』と『レイアウト』のテクニックは不可欠です。

Illustratorでは、『やり直しが手軽にできる』ソフトです。

印刷物用に作ったデータをWebサイトでも流用する・・・など
効率のいいデータ管理ができます。

この講座では、
Illustratorのさまざまな機能を組み合わせて、
目的に合わせた『図表現』と『レイアウト』の手法を学びます。

実習を通して、Illustratorの便利な機能への理解を深めます。

● いまひとつ、Illustratorが便利だと思えず、苦手な方
(わかりにくいソフトですが、知ればいろいろ使いたくなるソフトです。)

● 何度もデータの手直しがあり効率が悪いのに嫌気がさしている方
(重なる修正がやりやすいデータの作り方をすれば、残業が少なくなるかも?)

● 仕事で、グラフ・地図・図表・解説図・フローチャート・商品紹介図などを作る時に、もっと目をひいてわかりやすくしたい方
(実際に作ってみて、基本的な図表現やレイアウト方法を確認してみましょう!)
・・・方々に、ぜひ受講いただきたい講座です。

 


今回から、セミナー会場の機材が
最新バージョン CC2015 に対応しました!!

それに合わせて、講座の内容も一新しています。
◆◇11月8日にIllustratorをいちから学ぶ入門講座を開講します。
・『Illustrator入門〜レイアウトの基礎を学ぶ〜
これからIllustratorの勉強をはじめる方は、基本操作を確認するためにまずは入門講座からの受講をおすすめします。

 

 

講座構成(予定)

● Illustratorでのカラー機能について

● Illustratorでの文字組機能について

● Illustratorで効率よくデータを管理するには

● わかりやすい図表現(グラフ、地図、表などを作る)

● 写真と文字と色とを組み合わせてターゲットに合ったちらしとWeb用素材を作ろう《実習》

 

 

対象者

・Illustrator本来の有用性をきちんと知りたい方
・制作ソフトを用いて、効率的に作りたいと考えている方
・入門からさらに進んだテクニックを知りたい方

 

 

受講に必要な条件

以下の条件全てを満たしている場合に限り受講が可能です
・基本的なPC操作スピード、キーボードからの英数字等入力が難なくできること
 (講義内でPCの細かな操作が多く、講義についていけない可能性があります)

・Illustratorを使ったことがある方(Illustrator入門終了程度の知識)

 

 

講師プロフィール

森(もり) 和恵(かずえ)(r360studio)

r360studioで活動するWeb系セミナー講師。

『 むずかしいことでも、わかりやすく伝える 』 をモットー に楽しく学べるセミナーを開催。
今後は、eラーニングや電子書籍の形式で、Web制作を学ぶための教育コンテンツにも注力中。

● 著書に『iPhone&Android スマートフォンサイト 制作の仕事術』(マイナビ)など。

●Dreamweaver CS5 ACI (Adobe認定トレーナー)

 

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]