ウェブサイト価値ランキング作成の裏側 11/24(木)開催

毎年発表される「ウェブサイト価値ランキング」。ユーザーはどのようにウェブサイトを評価しているのか?「ウェブサイト価値ランキング」の裏側についてお話します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ウェブサイト価値ランキング作成の裏側 11/24(木)開催

トライベック・ブランド戦略研究所は、約2万人を対象としたアンケート調査などから、企業が運営するウェブサイトがどれくらい事業活動に貢献しているのかを評価した「ウェブサイト価値ランキング」を毎年おこなっています。

単純にデザインの良し悪しで評価したものではありません。

では、どのようにユーザーはウェブサイトを評価しているのでしょうか?「ウェブサイト価値ランキング」の裏側についてお話いたします。

ウェブサイト価値とは

「ウェブサイト価値」とは、企業が運営するウェブサイトがどれくらい事業活動に貢献しているのかを評価したもの。

「ウェブサイト価値」は、商品の販売促進への貢献度である「売上価値」と、企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド向上への貢献度である「情報価値」とを合算したものです。

トライベック・ブランド戦略研究所 ウェブサイト価値ランキング2015 総合

カリキュラム概要

  • ウェブサイトの第三者評価の種類と特徴
  • 調査設計を行う際の留意点
  • ウェブサイト価値評価のコンセプトと手法
  • BtoBサイトに関するサーベイの特徴と調査のメリット
  • コーポレートサイトを評価する際の視点と最近の動向
  • 世界のユーザーがーグローバルサイトを評価することによる新たな発見

こんな方におススメのセミナーです!

  • 自社の上層部にウェブサイトに関わる業務の価値をより認めてもらいたい方
  • より多くの予算を獲得したいと考えている方
  • 各種ランキングがどのように作られているかを知りたい方
  • ユーザー視点でのウェブサイトの客観的評価に関心がある方
  • 調査を通じてオンライン、オフラインのユーザー行動をより把握したいと考えている方
  • オンライン販売しないなどコンバージョンを取りづらい商品でマーケティング成果を最大化させたいと考えている方
  • ウェブ解析だけでは把握しきれないユーザーの生の声を把握したいと考えている方
  • B2B企業のウェブ担当者、マーケティング担当者の方
  • コーポレートサイトをご担当の方
  • グローバルサイトをご担当の方

講師紹介

榛沢 明浩
トライベック・ブランド戦略研究所

東京大学法学部卒。株式会社コーポレイトディレクションにおいて電機メーカー、食品メーカー、鉄鋼メーカー等大手企業の経営戦略コンサルティングに携わる。その後、トーマツコンサルティンググループにおいて化学メーカー、通信企業等大手企業の経営管理システムの構築に携わる。

2003年日本ブランド戦略研究所(現トライベック・ブランド戦略研究所)設立、代表取締役に就任。

以来、企業価値の大きな部分を占めるブランド価値向上のためのコンサルティングを行う。また、ブランド構築におけるウェブサイトの重要性に早くから着目し、研究実績を積み重ねている。とりわけ「ウェブサイト価値ランキング」はウェブサイトに携わる方々のための指標として広く知られている。

主な著書に「知的資本とキャッシュフロー経営」(1999、生産性出版)、「図解ブランドマネジメント」(2001、東洋経済新報社)、監訳書にウォーリー・オリンズ著「ブランド創造史: その起源・展開・未来」(2014、創元社)がある。

こちらからお申し込みいただけます

2016/11/24(木)13:00 – 15:00 @ソフトバンク・テクノロジーセミナールーム(東新宿)

詳細・お申込みはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]