JR東日本グループ清掃競技会タブレット化Rubyシステム開発事例

Ruby開発に強いトランスネットがJR東日本グループ清掃競技会タブレット化Rubyシステム開発事例を公開しました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Ruby開発に強いトランスネットがJR東日本グループ清掃競技会タブレット化Rubyシステム開発事例を公開しました。

本競技会の審査集計は以前まで紙で行っていました。それにより審査集計に4時間ほどかかっていました。そこでタブレット上のアプリケーションに審査結果を記入し、即時的に集計する方法を採用してはどうかとの意見があり、短期間で端末環境に依存しないシステムを構築できるトランスネットの案が採用されました。

(興味がある方は以下より本事例のダウンロードをお願いいたします)
https://www.transnet.ne.jp/success/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCI
人間が使用するための対話型システムのデザイン、評価、実装に関連し、それら周辺の主 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]