よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「噂」を公開しました。
1967年に結成されたブルースバンドのフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)というバンド名は、
メンバーであるミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)とジョン・マクヴィー(John McVie)から
命名されたのですが、彼らがバンドのフロントマンではないのです。首謀者であるピーター・グリーン
(Peter Green)がリズムセクションである彼らを自分が結成したバンドの名前にしたからなのだそうです。
ピーター・グリーン達は、ジョン・メイオー ル&ザ・ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)の
元メンバーでもありました。ブルースブレイカーズは、クリーム(Cream)結成以前のエリック・クラプトン
(Eric Clapton)も一時在籍していたブルースバンドの大御所だったのです。
ですから結成したフリートウッド・マックも英国出身のブルースバンドとして人気を博しました。このようにブルースを
ベースとして発進したフリートウッド・マックがいつしかフォーク色を強めた音に変化します。更にその後にはロックや ジャズへのアプローチも加えるといった変遷を繰り返します。これはピーター・グリーン、その後のボブ・ウェルチ(Bob Welch)と度重なるフロントマンの交代により主導権が揺れ動きバンドの方向性そのものが変質するという
紆余曲折を経ていたのです。そしてボブ・ウェルチも去ってバンドが危機を迎えていた折も折、新作レコーディングで
渡米した際に米国人の男女デュオの曲「フローズン・ラブ」”Frozen Love”を偶然聴きます。
それはバッキンガム・ニックス(Buckingham Nicks)として活動していたリンジー・バッキンガム
(Lindsey Buckingham)とスティーヴィー・ニックス(Stevie Nick)を新たなフロントマンとして参加する顛末を
迎えます。そうしてリンジーとスティーヴィーが加わった新生フリートウッド・マックとしての第二作目 が1977年に
発表したアルバム「噂」”Rumours”です。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/4860/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]