Standard PHP Library(SPL) Iteratorインターフェイス編

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) Iteratorインターフェイス編」を公開しました。

PHPer上級者になるために知っておきたいこと
vol.12 ‐ 『Standard PHP Library(SPL) Iteratorインターフェイス編』
投稿日時:2013/06/11 06:06

カテゴリ: PHPer上級者になるために知っておきたいこと

Iteratorについて再度思い出してみましょう。
コラム10回目でやりましたが、Itartorは「複数の要素を内包するオブジェクトのすべての要素に順にアクセスする方法を提供する」手段です。

ここで考えてみたいのは「すべての要素」という言葉が意味するところです。
「オブジェクトのすべての要素」が「クラス内のアクセス可能な全プロパティ」を意味する可能性は低いので、もうちょっと融通をきかせたいところです。

そんなときに使われるのが、PHPの「定義済みのインターフェイス」にある「Iteratorインターフェイス」になります。
まずは定義を見てみましょう。

Iterator extends Traversable {
/* メソッド */
abstract public mixed current ( void )
abstract public scalar key ( void )
abstract public void next ( void )
abstract public void rewind ( void )
abstract public boolean valid ( void )
}
Traversableというインタフェースが出てきました。ではまず最初にこのインタフェースの確認を…と思うのですが、実のところこのインタフェースはとても簡単な役割しか持っていません。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/305/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]