Amazon S3だけでwebサイトを作ってみよう (橋本英勝氏コラム)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)は「Amazon S3だけでwebサイトを作ってみよう (橋本英勝氏コラム)」を公開しました。

皆様はじめまして。株式会社ストローバッグの橋本です。このたび、弊社多田と共に本コラムへの寄稿の機会をいただきました。よろしくお願いいたします。
 このコラムでは、Amazon Web Services (AWS)にまつわる様々な話題を通じまして、AWSの楽しさ、便利さをお伝えできればと思います。導入支援および最新動向、最新トピックスならびに業務案件での事例など、幅広く取り上げていく予定でございます。
Amazon S3とは?

 本稿では、Amazon S3を使った静的なwebサイトの構築について取り上げます。主にAmazon S3をはじめて導入する方に向けて、基本的な導入の流れとポイントを追ってみます。

AWSの中核にあるストレージサービス

 本稿の主役である"Amazon S3"とは、"Amazon Simple Storage Service"の公式な略称です。インターネット経由で利用できる汎用のクラウドストレージサービスで、様々なファイルを保存することができます。(公式のサービス紹介ページ)
 用途は多彩で、個人用ファイルの保存、業務用のバックアップファイルの保存やデータマイニング用のストレージとしても幅広く使えます。もちろんアクセス制御機能も用意されていますので、ファイルの共有などにも活用できます。
 またAmazon S3は、AWSを構成するサービス群のひとつです。AWS全体がひとつのプラットフォームとなっていますが、Amazon S3はその中で、データストレージとして重要な役割を担っています。サービスの全体像については、公式ドキュメントをご覧ください。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/strawbag/strawbag01.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]