よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「配列の美学(1)」を公開しました。

配列の初期化
今回はRubyで配列を扱う方法について触れてみたいと思います。Rubyの配列はArrayクラスを利用します。Arrayクラスは非常に良くできておりメソッドは痒いところに手が届く仕様になっています。では、配列の宣言方法から見ていきましょう。以下のいずれも配列の宣言方法です。1行目はクラスを初期化していますので通常の表現方法ですが、2行目はRubyらしい宣言方法ですね。

>> ary=Array.new()
=> []
>> aru=[]
=> []

もう少し、初期化方法を見ていきましょう。1行目は、通常の初期化になります。2行目は「%w」を使って初期化しています。文字列表現の時に「%q」の表現方法をご紹介しましたが、「%w」も同じで、「”」や「,」を省略することができます。

>> array=[“one”, “two”, “three”, “four”, “five”]
=> [“one”, “two”, “three”, “four”, “five”]
>> array=%w(one two threee four five)
=> [“one”, “two”, “threee”, “four”, “five”]

配列へのアクセス
配列へアクセスするにはどのような方法があるでしょうか。配列にアクセスするには添字(またはインデックス)を利用します。添字は0から始まります。また、存在しない添字を指定して配列にアクセスすると「nil」が返されます。

>> p array[0]
“one”

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/341/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]