Ruby1.8.7からのバージョンアップ

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby1.8.7からのバージョンアップ」を公開しました。
2013年5月30日(木)から6月1日(土)までの3日間、東京国際交流館で開催された「RubyKaigi2013」。
2011年に一度終了した「日本Ruby会議」が、より国際的な「Kaigi」としてrebootされました(*1)。
実際の様子はUstreamにて視聴可能ですので、ご興味がある方は是非ご覧ください(*2)。

さて今回はRuby1.8.7からのバージョンアップを取り上げます。
前述のRubykaigiでは「Ruby1.8.7」と題された追悼セッションも行われましたが(*3)、
2013年6月を持ってRuby1.8.7の全てのサポートが終了します(*4)。
セキュリティフィックスも行われないため、1.9もしくは2.0にバージョンアップすることが強く推奨されます。

弊社でも先日1.8.7のRailsアプリケーションを1.9.3にバージョンアップしましたので、
その時の対応内容をご紹介いたします

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/2644/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]