【A/Bテスト事例】キャッチコピーのちょっとした変更で効果が出る!?

キャッチコピーのちょっとした変更で効果が出たA/Bテスト事例」たかがコピーでそんなに変わらないだろう・・。 と思う人もいるかと思いますが、実は!?
よろしければこちらもご覧ください

たかがコピーでそんなに変わらないだろう・・。
と思う人もいるかと思いますが、実はこれだけでも効果が出ることもあるのです。
いくつか事例を見ながら効果のポイントを見てみます。

コピーのアクションを明確にする

まずは、わかりやすい例を取り上げて見たいと思います。
How To Make a $1,000 a Month Business by AppSumo でのABテスト結果です。

  • A:HOW To Make Your First Dollar
  • B:How To Make A $1,000 A Month Business

キャッチコピーのちょっとした変更で効果が出たABテスト事例

これは想像つくかと思いますが後者の方が効果があり6.49%のCVR向上に繋がったとのことです。
よりアクションを明確することが重要ということになります。
出典:https://whichtestwon.com/case-study/monthly1ks-landing-page-headline-test-results/

機会に応じてコピーを変更する

次にSmartphone & Tablet Repair.での事例です。

  • A:iPhone 4 or 4S Screen Repair
  • B:Your iPhone Will Look New Again In Less Than 1 Hour
  • C:Don’t Be Embarrassed Of Your Cracked iPhone Screen!
  • D:Did Your iPhone Screen Have A Rough Night Out?

キャッチコピーのちょっとした変更で効果が出たABテスト事例

さて、今回はどれが勝ったでしょうか?

続きは、下記の記事をご覧ください
http://skan.in/2014/11/11/ab-study-copy/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]