営業で困った!人は

お客を見つける方法がわからない営業マン
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こうやれば、必ず、こうなると言う訳には行かない。人それぞれのやり方がある。

トップセールスの営業マンが書いた営業ノウハウ書籍を読んでそのまま実行しても同じ結果にならない。

ただ、

自分の営業アプローチを作り上げる上で参考になる。

つまり、

自分のお客様を見つけるには自分の方法を作り上げるしかないということだ。

攻めの営業

私の会社のホームページには、私の携帯電話を載せている。仕事の依頼のみに限定しているが、ホームページ関連業者、SEO関連業者、広告宣伝業者、研修セミナー関連業者、投資関連業者などから売り込みの電話が入る。

求めていない売り込みなので全て断る。

攻めの営業は、攻めている相手のニーズを勝手に解釈して玄関に土足で入ってくる。心良く向かい入れるはずがない。

多くの営業マンは、会社概要というキーワードでB2Bビジネスのお客対象会社を探す。そして、会社概要ページだけの情報を取得する。

これが丸見えなっているのだが。アクセスログを見れば。

どこの会社の営業マンがこれをやっているかIP逆引きすればその会社がわかる。それが分かるから攻めの営業電話がこの会社からかかってくることが予測できる。

攻めの営業は99.99%無駄が多い。

もっと効率良く営業ができる方法があれば、それをやっていると思うのだが・・・

ウエブでの営業=営業マンによる情報発信 >> お客がやって来る

続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]